ニートやコミュ障でも就職はできる

コミュ障は就職するための考え方ができていない

就職できないことが長く続いてしまうと「自分は○○だから、ダメなんだ」と攻めてしまうこともあるでしょう。

または、自分のことをわかってもらえないからと都合のいいように考えてしまいがちです。

つまり、何も自分では変えようとしないことがいつに立っても、暗闇から抜け出せなくなっているのです。

特にニートやコミュ障になっている人は、その傾向がつよいかもしれません・・・

ニートやコミュ障の傾向、悩み

  • 言いたいことがうまく伝わらない。
  • コミュニケーションがとれない。
  • 職歴がない。
  • どうにもならない。

かなり厳しい条件のようにも思いますが、それでも就職していけている人も多くいます。

まずは就職できると考える

就職するために、どうすればいいのか?

何が足りたいのかということを一つ一つクリアしていくことが大切です。

ここでは、どんな考え方ができればいいのか紹介していきます。

就職するためには、採用担当者がどんな人材を欲しがっているかを考えてみることが大切です。

これさえわかるだけでも、話しやすくなります。

コミュ障だと思ってしまう人が、話すことができないのは何を話したらいいのか分からないことが多いのです。

だから緊張して、そこからあなたにはまっていく感じなのです。

現在ニートなら、とりあえず資格をとること。

もしくはバイトで経験をつむこと。

もちろん最初は難しいと思います。

ですがこれだけでも、外で働けるかも・・・という自信がつきます。

そうなれば前向きに仕事について考えることもできるでしょう。

就職エージェント、転職エージェントをたよる

ここまで紹介した方法だけでも、ニートやコミュ障の人が就職できる確率はあがっています。

しかしおそらくこのままではダメです。ダメというと失礼かもしれませんが、状況はまだまだ厳しいでしょう。

そこで外部の力。つまり転職エージェントを頼るのが有効なんです。

転職エージェントとは、ひらたくいえば転職や就職のサポートをしてくれる企業のことです。

そして中には、ニートやコミュ障でもOKという、ココロの広いエージェントもあります。

就職shopっていうところですが、就職してニートをやめたいならオススメですよ。

ぼくも結構なコミュ障で、半ニートでしたが相手はしてもらえましたよ。

話を聞いたかぎり、同じような状況の人は他にもいるみたいです。

就職できるかは知りませんが、リクルート先生が運営しているサービスなのでスゴそうですよ。

osiruko07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です